ちゃらかーどのいろいろメモ

ハースストーンに関していろいろ書くよ

ハースストーン新拡張 「灰に舞う降魔の狩人」&デーモンハンター カードレビュー!!

4月8日に発売されるハースストーンの新拡張「灰に舞う降魔の狩人&新しく追加されるデーモンハンター、それと先日追加されたり、能力が変更されたプリーストのカードもついでにカードレビューをします!

 

4段階で評価します

 

☆☆☆☆ すごく強い デッキのメインになる

☆☆☆  強い    メインじゃないけどよく使われる

☆☆   普通    まれに使われるくらい

☆    弱い    使われない

 

まずは先日、能力が変更されたり追加されたプリーストのカード評価から!

【先日変更されたプリーストのカード】

 

真言・盾

☆☆

ドローがなくなり、コンボプリもできなくなった。最低限0マナとしての働きはする。


聖なる一撃

☆☆

もう1マナ払って生命奪取ついている方がプリにとっては良さそう

 

読心術師

おしゃべりな本や怪盗紳士と同じ系譜だがシナジーがあまりない

 

密言・死

☆☆☆

2マナで巨大ミニオンを処理できるのはめちゃくちゃ優秀

 

ホーリーノヴァ

☆☆☆

変更点は相手のヒーローにダメージが入らなくなった、それでも聖別と同じマナで回復効果があると思えば強い

 

聖力入魂

☆☆

マナ効率は並 特別使う理由はない

 

スカーレット・サブジュゲーター

☆☆

逆鬼軍曹 ミニオンでトレードすることがそんなにないプリだと使いどころが難しい

 

クルティラスの従軍司祭

☆☆

ワンサイズ大きくなった笑顔の相棒 プリに合っていない

 

 

思念奪取

1マナ軽くなったけど、シナジーが少ない

 

影の狂気

☆☆

こちらも軽くなって使いやすくなったが、それでも使い道が限られる。ゼフリスの選択でくるのが脅威

 

密言・崩

密言・死で十分に感じる。2体以上に効果がでる盤面になっている時点でまずい

 

寺院の執行人

☆☆

さらに大きくなった笑顔の相棒 悪くないがプリにあっていない

 

ナタリー・セリーン

☆☆
ヘルスが高いミニオンを倒せばテンポスイングできるが、局面が限られる

 

【デーモンハンターの追加カード】

 

シャドウフーフ・スレイヤー

☆☆

使用感としてはエルフの射手に近そう。ヒーローがアタックすることでのシナジーがあるのが救い

 

混沌一閃

単純にカードパワーが低い

 

 

盲目の監視者

残り2枚は底にするくらいの効果は欲しかった

 

アルドラキ・ウォーブレード

 ☆

アタックと耐久は逆がよかった

 

サテュロスの監督者

これのためにアタックシナジーを求めるほどでもない

 

御魂斬り

1マナ増えて生命奪取がついたぶった切り つまり弱い

 

 

連携攻撃

マナ効率でいうとスプリングポーと一緒だけど、シナジーが少ないのと分けて使えないのがマイナス

 

グレイヴの達人

☆☆☆

バニラスタッツでシナジーが必要とはいえ4点飛ばせるのはでかい

 

混沌爆発

☆☆

全体フレイムストライク 弱くはないが、デモハンのヒロパがコントロール向きじゃないのがきつい

 

内なる悪魔

8マナ8点だがパイロとの大きな違いは挑発を無視できない。ゴアハウルに較べると汎用性も低い

 

二連斬

☆☆☆

0マナスペルを2回使えるという点を活かせるかどうか

 

残像

これ使うくらいなら回復でええやろ

 

 

ウルズールの怪異

☆☆☆

ファイアフライのようで少し弱いと思う それでも強いけど

 

バトルフィーンド

☆☆☆

爆裂バトルメイジの上位互換が弱いわけがない

 

マナ焼耗

あくまで1ターンだけ、そのためにカード1枚失うのはきつい

 

魔力喰い

沈黙が活きる環境かどうか、多分いらん

 

アンバーウィング

兵役招集に較べると1マナ軽いとはいえ、劣化がひどい

 

斬舞

そんなに攻撃力上がらんやろ

 

魂の狂宴

もう2マナ足すと42のミニオンがついてくるぞ

 

ラススケール・ナーガ

☆☆

どう考えても次の自分のターンまで生きてないので、同ターンにコンボする必要があるのがつらい

 

異端者アルトルイス

☆☆☆

2連斬とのコンボが優秀

 

魔眼光

使いたい局面が限られて異端と相性が悪い

 

イリダン党のフェルブレード

こいつも使いたいときに異端かというと・・・

 

激昂のフェルスクリーマー

☆☆

強そうに見えるが、昔ドラゴンで似たようなカードがあってダメだった。

 

魂分裂

使用条件が厳しすぎ

 

 

イリダン党の指揮

☆☆

3体召喚のやつよりははるかに強い。でもそんなに使われなさそう

 

殺刃スパイクガール

された時じゃなくて、された後っていうのがきつい

 

フレイムリーパー

さすがに重たすぎるかな

 

魁偉のオーバーフィーンド

☆☆

石頭よりは使いやすいかもしれない

ネズランダマス

☆☆☆

カードパワーは最強クラス! ただデモハンにドラゴンシナジーがないんだよね

 

 さぁいよいよここからは新拡張のカードです!

 

【デーモンハンター】

 

火葬のオーラ

 ☆☆

優秀な全体攻撃だがデーモンハンターと合ってない

 

ネザーウォーカー

☆☆

マナ効率はいいけど悪魔ってそんなにつよくない

 

アッシュタンの闘将

☆☆☆

挑発と生命奪取の相性はいい

 

真紅の秘印の使い走り

☆☆☆

いつでも出せるので異端が活きる

 

コイルファングの将軍

☆☆☆

何一つシナジーはないがただただ強い

 

フェルの召喚師

断末魔シナジーがない

 

憤怒のプリーステス

☆☆☆

だしたターンにボードに干渉できる。相手は無視できない能力

 

 

ケイン・サンフューリー

☆☆☆☆

わけがわからないくらい強い

 

封印されしアンタイン

休眠はゴミ

 

霊視力

異端なしの場合が弱すぎる

 

怒れるフェルフィン

☆☆

普通には使えるがマーロックが他にいない

 

ピットロード指揮官

専用デッキを組みたくなるが組めない。

 

悪魔変身

☆☆☆

2ターンかかるが7マナ10点はすごい

 

アズィノスのウォーグレイヴ

☆☆

愚者殺しって顔がもたなかったよね

 

グルダンの髑髏

☆☆☆

異端はしにくい。だがそれを補って余りある恩恵

 

ドルイド

 

 

沼ビーム

元の効果が弱すぎる

 

過剰繁殖

☆☆☆☆

こいつはすごい。一気にマナ加速できる

 

グローフライの群れ

4体以上を期待したいが厳しいので弱い

 

鉄の樹皮

☆☆☆

こっちは元のマナ効率がいいのでまだ使える。

 

イシェル・ウィンドシンガー

ようするに呪文1つと55がでる。よわい

 

沼地のヒドラ

☆☆

弱くはないけどどう使うのか

 

菌々財宝

☆☆

亡者の書の逆。つかいにくそう

 

大胞師ムッシフン

☆☆☆

転生後はすごいしドルイドなら引ききれるかもしれない

 

封印されしサテュロス

休眠は弱い

 【ハンター】

ジゴイノシシ

単純に弱い

群れの戦術

☆☆☆

ハンター史上最強の罠

 

屑鉄弾

☆☆

4マナと考えると中途半端

 

ナグランドスラム

ヨグボックス用です

 

モクナサルのライオン

☆☆☆

世界チャンピオンがモデルのカード 断末魔シナジーを上手くいかせれば

 

封印されしフェルモー

休眠はゴミ

 

改造ヤマアラシ

324コドーですらそこまで使われなかった件

 

ビーストマスター・レオロックス

キンクラだしたいならハイランダーでブランいれよう

 

頂点捕食者ジクソール

☆☆☆☆

こいつの転生後がサーチ可能なのがすごい

 

クズ拾いの工夫

☆☆☆

ジクソールサーチ用です

 

【メイジ】

 

スタースクライヤー

☆☆☆

スペルを絞ったデッキが出番がありそう

 

ネザーウィンドのポータル

相手によっては腐るし決まっても弱いかも

 

極低温

☆☆

デスナイトジェイナが懐かしい

 

詠唱者の循環

トップで引いたときが弱い

 

力の源

どっちかというとミニオンに寄せた方がメイジはいいと思う

 

アペクシスの運び屋

今は秘策が弱すぎる

 

アペクシス・ブラスト

スペルに寄せれない

魔力喚起

☆☆☆

魂箱強化版確実につよい

 

 

天文術師ソラリアン

☆☆

弱くはないがサーチできないし引けなさそう

 

封印されし監視者

休眠はゴミ

 

パラディン

 

アダールの手

☆☆☆

すごいマナ効率 パラの必須になりそう

 

封印されしサンギル

☆☆

1ターン目はどうせ前使えないことあるし休眠の中ではマシ

 

マーガァ・マーガァグル

元が弱い

 

正義の聖典

ヴェラナスとくらべるとひどい

 

智恵の聖典

昔似た帽子があったけど弱かった

 

アルダーの真理探究者

聖典デッキはスパム

 

アルダーの従者

聖典デッキはスパム

 

希望の聖典

ティリオンでええやろ

 

レディ・リアドリン

重すぎて無理

 

アンダーライトの釣り竿

☆☆

転生者と組み合わせると他のマーロック入れれないけど・・・

 

 【プリースト】

 

 再起

コンボプリがあったらなーと思うカード

神格化

33でよくなかった?

心霊分裂

相手に使うと強くなってしまう・・・

骸骨竜

ちょっとスタッツが足りてない

 

魂の鏡

大して除去にならなそう

 

 

霊柩

☆☆☆

転生前からすでにつよい

ドラゴンモーの哨兵

 

ワームレストのエージェントでよかったろ

 

封印されしホムンクルス

☆☆

プリの1ターン目はすることないから入るかも

 

セセックのヴェールウィーヴァー

☆☆

プリースト界のマナサイクロン

ドラゴンモーの監督者

本体が貧弱

 

【ローグ】

スパイミストレス

 

☆☆☆☆

めずらしい131でしかも隠れ身とかやばい(やばい)

 

アッシュタン・スレイヤー

☆☆☆☆

完全に隠れ身がはじまってる

偽装

 

ローグの秘策は黒歴史

汚い手

ローグの秘策は(ry

 

呪われた流れ者

最初の形態が隠れ身ほしかった

 

グレイハート族の賢者

☆☆☆☆

お手軽3ドロー!

 

アカマ

☆☆

サーチ方法がないのがきついが能力は強い

 

 

 

影宝石商ハナー

ローグの秘策は無理

脳天直撃ガール

☆☆

こいつの能力はすさまじいがローグの秘策はちょっと・・・

 

 

伏兵

ローグの秘策は(ry

 

【シャーマン】

 

マーシュスポーン

条件付きにしてはひかえめ

 

蛇寺院のポータル

☆☆☆

なかなか良いマナ効率

 

水鏡のトーテム像

トーテムが弱いんだよなぁ・・・

豊沃なる胞子

 

これ打って勝てるなら血の渇きでいい

 

地割り穿つ大巨岩

こいつ自身もダメージくらうんですが・・・

 

水底に潜むもの

配置警察がきそう

 

ボグストロクのクラッカー

☆☆

進化デッキもっかいある??

 

ボグスパイン・ナックル

☆☆

5マナだと微妙につかいにくそう

激流

条件付きの能力じゃない

 

レディ・ヴァッシュ

☆☆

強いけどサーチできない

 

ウォーロック

 

不安定なフェルボルト

こっちのミニオンも選べればつかったけど

 

強化ドレッドロード

☆☆

うーん。まっとうなカード。特につよくもよわくもない

 

 

グルダンの手

☆☆☆☆

ディスカシナジー再び!

 

闇の睨視者

☆☆☆

0マナタップいいね!

 

ナイトシェードの刀自

☆☆

コストの高いカードという点がよいくらい

 

 

カンレザード・エボンロック

☆☆☆☆

こいつやばい。後攻1ターンで大量展開できる

 

 

破壊者ケリダン

さすがに条件きつすぎませんかね・・

 

封印されしスクラップ・インプ

休眠の中でもゴミ中のゴミ

 

影の評議会

専用デッキなんだろうが、無理そう

 

 

 

ダークポータル

もう山の巨人はいない

 

【ウォリアー】

 

封印されしガナーグ

休眠はゴミ

 

魔刃嵐

逆冒涜、そうじゃない

 

血気の拳鬼

あんまりコスト減らなそう

 

屑鉄ゴーレム

4装甲の価値がそこまでなさそう

海賊の隠し武器

☆☆☆☆

2マナになった強化アップデート、事故の心配なくてすごい

 

 

ボーンチューワーの略奪者

ホググライダー技士にくらべて条件がきつい

 

 

右に剣を、左に盾を

 

中途半端&中途半端

ウォーモールの挑戦者

よく考えるとたいしたやつ倒せない

 

アズィノスの防塁

☆☆☆☆

やばい。これのためだけに武器破壊入れるレベル

 

刃拳のカーガス

☆☆

お触れ役がいなくなるのがおしい

 

 【中立】

錆鉄の狂信者

デッキがかなり限られてきつい

 

イセリアル改造屋

改造屋界のおちこぼれ

 

胞蝕スポアリング

☆☆

シャーマンとメイジ以外には珍しい変身

 

ロケット改造屋

☆☆

改造屋界の凡人

結魂のアッシュタン

相手のフィールドにでてくれ

錆鉄の入門者

呪文ダメージのタイミング難しすぎ

 

飛び散る腐汁

蒼汁

冷たき影の紡ぎ手

☆☆

121でこんなやついましたね

 

 

 

テラーガードの逃亡者

海の巨人のコストを実質減らせるけどきつそう

穴掘りスコーピッド

☆☆

隠れ身を得られれば強い

 

 

顔を隠した放浪者

 

絵は好き

 

フェルフィンのナビ

 ☆

BGにいるけどマーロックつよくないんだよなぁ

 

荒野の看守

☆☆

もしかしたらメタカードになるかもしれない

 

 

ドラゴンモーの飛行追跡者

うーん。合計スタッツはいいけどね

 

鋼拾いのシヴァーラ

自分のミニオンにもとぶんかーい

 

ボーンチューワーの前衛

☆☆

弱くはないけどドラゴニッドの守護者の方が使えそう

 

錆鉄騎の略奪者

 

2ターン目からどうすんねん

 

ボーンチューワーの喧嘩屋

☆☆☆☆

アマニの狂戦士に挑発がついた!

 

大物気取りのオーク

☆☆☆☆

令和のタールクリーパー

 

ガーディアン改造屋

☆☆☆☆

改造屋界の優等生

奈落の大悪鬼

令和のポセシ

 

屑鉄山のコロッサス

月の巨像でいい

 

フエル・オ・トロン

超電磁前提だろうが、もう超電磁がそんないない

 

マグゼリドン

☆☆

だしたターンに起きれば強そうだけどなかなかむずかしいね

 

封印されしヴァイルフィーンド

休眠はゴミ

 

マイエヴ・シャドウソング

☆☆☆☆

強すぎるし汎用性高すぎ、多分ナーフされる

 

アラール

灰は生き返らないそう

モアーグの加工師

☆☆

どのヒーローが使うのか自分にも返ってくるのがきつい

ケルサス・サンストライダー

☆☆

今のところドルイドが有力

 

テロン・ゴアフィーンド

死ぬ前に沈黙させられる

 

参考になったらうれしいです!

 

 

 

週末に大会がありますね!

今週末にハースストーンの大会がありますね!私は権利がないので出場できませんが、展望についてお話したいと思います。

 

配信があるのでおうちで観戦するつもりです。参考に観戦ガイドを貼っておきます。

https://playhearthstone.com/ja-jp/blog/23318078?

今回の大会のルールは4ヒーロー1BANのBO5コンクエストです。

普段の予選は3ヒーロー1BANなので1ヒーロー多いですね。
構成を考えるときの手法としては
・特定のヒーローを絶対倒す構成
・特定のヒーローをBANする構成
・デッキパワーが高い構成

この3つが一般的です。

・特定のヒーローを絶対倒す構成

まず特定のヒーローを絶対倒す構成についてですが、予選で多いヒーローはローグ・ハンター・ウォリアーです。このうちハンターはデッキタイプが複数あり狙うのが難しいです。一方ローグとウォリアーはほぼ単一のデッキタイプです。(それぞれガラクロンドローグとガラクロンドウォリアー)

予選では実際この2つを狙う構成も見かけます。ただ今回は4ヒーローなので1ヒーロー増やすのがとても難しいです。

そしてこの3ヒーロー以外はそもそも少ないので狙う価値があまりないです。

 

・特定のヒーローをBANする構成

なにか1ヒーローをBANすれば強い構成ですね。例えばハイランダーメイジはハンターをBANすればかなり強いデッキです。ガラクロンドローグはドルイドをBANすればかなり強いです。こういうデッキの中からおなじヒーローをBANすれば強いデッキを集める構成ですね。

なにかを絶対倒す構成との違いは狙ったヒーローがいないなら他をBANしてそれなりに戦える点です。逆に圧倒的に有利というケースは減ります。

私は今回この作戦がいいのかなと思っていて、

ハンターBAN構成
ハイランダーハンター・ハイランダーメイジ・クエスドルイド・コンボプリースト
こんな構成はどうかなと思っています。

・デッキパワーが高い構成

強そうなデッキ4つ使う作戦です。単純ですが強いし予選で結果を出してることもあります。
予選ではガラクロンドローグ・ガラクロンドウォリアー・ドラゴンハンターという構成がこれに当たります。もう1デッキは復活プリーストを増やすのがバランスが良さそうに見えます。


予想が当たるかどうかわかりませんが楽しんで観戦したいと思います!

 

スタンダード環境考察 ちゃられぽーと そのご

今回はデッキ内の細かい差分についてを中心にした記事にです。正直環境が変わらないとあまり書くことがないので、早くナーフカードを元に戻すアップデートが来てほしいと願ってます。

・全体の環境
ラクロンドローグがさらに増加しています。ランク1以上では使用率が30%に届きそうな勢いです。その他のデッキは横ばいかやや減少傾向のデッキが多いです。ドラゴンハンター・ガラクロンドウォリアー・ハイランダーメイジ・でっか化ドルイドなどが使用率では上位です。

・ヒーロー別紹介

 

ドルイド

でっか化ドルイドに以前から悪運アホウドリが1枚入っていることがありました。最近では2枚入ってるケースがあります。これはよい構築のようです。でっか化ドルイドの平均ターンは9とそれなりに長いので効果が期待できます。ほぼ悪運アホウドリが採用されているハイランダーローグの平均ターンが9.5、採用されないハイランダーハンターの平均ターンが8.5なので、9周辺が損益分岐点なのでしょうか
逆に脱走したマナセイバーはよくありません。今すぐ抜きましょう。


・ハンター
ドラゴンハンターの秘策選択は難しいです。蛇の罠は定番でしたが警戒されすぎて、現在では凍結や爆発の方が有効です。ただこれもメタの循環による一時的なものかもしれません。躱し身のワームはおそらく強いです。ぽっちゃりミニドラゴンがカットされて代わりになってるケースが多いですが、躱し身のフェイウイングを抜くか、もしくは1枚ずつ減らす方が良さそうに見えます。三匹がキルの採用も興味深いです。まだ標本が少ないですが有効な可能性が高いカードです。

エストハンターは環境の変化に伴いボーン・レイスが再び必要です。無貌の変性者と1枚交換しましょう。

ハイランダーハンターはフェーズストーカーは必須ですが、シークレットは引き続き蛇か凍結か悩ましいところです。

 

 

・メイジ
ハイランダーメイジからフレイムストライクを抜いたのはよい構築です。パイロ悪運アホウドリは有力な候補ですがまだ標本が少ないです。

 


パラディン
メカパラの構築では再びエクスプローディネーターに注目しています。ローグに対し強いカードなので環境に合っています。逆に前回までおすすめしていたオクトサリ・王の祝福はカットでよいです。



・プリースト
復活プリに月の巨像を入れる構築はフィニッシャーとして力強いです。大魔術師ヴァルゴスのカットは妥当にみえます

 

・ローグ

ラクロンドローグのチョッキンガー・ジリアックスセットは必要です。ブームピストル無頼も今の環境なら強いです。昏倒・無貌の変性者・飛掠船員の枚数を調整して居場所を作ってあげてください。
ハイランダーローグの熱気球はとてもよいアイデアです。


 

・シャーマン
下水すすりのゲスのナーフが解除されることが決定しました。マーロックシャーマンはシャーマンのデッキの中では一番まともなデッキなので期待しています。


ウォーロック
特に構築上の変化も環境の影響も少ないです。ガラクロンドローグに有利なガラクロンドズーが一番ましに思います。

・ウォリアー
ラクロンドウォリのデッキ構築は非常に難しいです。私もデータはこまめにチェックしていますが、正直よくわかりません。狂瀾怒濤に関しては1枚目の採用はそれほど悪くないこと(弱いが極めて弱いわけではない)、2枚目はいりません(極めて弱い)。イカリは狂瀾怒濤よりは優先できそうです(弱いが極めて弱いわけではない)。爆発ラングラーはデッキの中でもかなり強い方のカードなので2枚いれましょう。もうすこし細部を詰めれたら専用の記事にするかもしれません。

 


・メタブレイカー!
低ランク帯ではドラゴンハンターでしょう。高ランク帯では異常なほどにガラクロンドローグが多いのでクエストハンターが有効に思えますが、他の使用率上位デッキとの兼ね合いを考えるとハイランダーハンターを推したいとおもいます!

抜いてはいけないカード

 ひさしぶりの小ネタです。ちょっとしたネタを紹介します。

 

抜いてはいけないカード
なかなか判別が難しいのですが、たとえ勝率が低くても抜いてはいけないカードがデッキにはあります。

・クエストカード

エストデッキはクエストを達成することで全体のパワーが上がります。なのでクエストカードを抜いてはいけません。抜くならデッキ全体を考え直す方が良いでしょう。

エスト復活プリ→復活プリのようにクエストがない方がつよい場合はあります。ですがこの場合も単純にクエストを抜いただけではなく、そのほかの部分も変更されている点に注意してください。

・ガラクロンドカード

ラクロンドを抜いてしまうと祈願の効果が発動しなくなります。なので祈願持ちカードがすべて弱くなってしまいます。

・デッキを引ききる前提のデッキのフィニッシャー

デッキタイプの中には30枚を全部使って勝つタイプのデッキがあります。

例えば「聖なる怒りパラディンです。このデッキのフィニッシャーは「聖なる一撃」と「悪意の銀行家」です。両方ともデッキ内のドロー勝率は低い方ですが抜いていけません。

 こういうカードのドロー勝率が低くなる理由についてお話します。

まずこのデッキAの勝率が50%で30枚引ききらないと勝てないとします(実際は違う勝利パターンもあるけど)

そうすると勝った時はすべてのカードを引いているのでドロー勝率に差はでません。
どこで差がつくかというと「負けた時に何のカードを引いていたか」です。
フィニッシャーカードは最後まで使わないのでハンドで腐ります。なので他の除去カードなどが引けずに負けることが増えるのでドロー勝率が低くなるのです。ですがフィニッシャーカードを抜いてしまうと勝つ手段がなくなるのでかえってデッキが弱くなってしまうのです。

これはデッキのほとんどを引ききる前提のデッキだけです。通常のデッキでドロー勝率が低いカードは単純に弱いので抜きましょう。

 

 

 

2枚目推定

デッキ構築を考えるときに1枚いれるか2枚いれるか悩むときありますよね。わたしもよくあります。今日はそんなときの考え方の話

2枚目推定

基本的にガラクロンド関係カードのような相互シナジーがあるカード以外は同じ役目のカード同士はアンチシナジーをもっていると考えています。簡単にいうと武器だけ30枚のデッキは武器そんなにいらねーよ!って感じです。

f:id:alucard1018:20200217212736j:plain

蛇の罠2枚入りのデッキをデッキ1とする
右からマリガン勝率・マリガンキープ率。ドロー勝率
このデッキの勝率は57.2% ドロー勝率との差異は5.9%

f:id:alucard1018:20200217212857j:plain

罠だけを変えたリスト こちらをデッキ2とする。 デッキ勝率は57.6%
蛇の罠1枚目のドロー勝率との差異は4.9% 凍結の罠は6%

デッキ1には蛇の罠が2枚入っていてまとめて平均ドロー勝率は50.3%なんだけど、細かく考えれば蛇の罠Aと蛇の罠Bがあるはず、下のデッキから考えると蛇の罠Aの勝率差異は4.9%である。そこから推定すると蛇の罠Bの勝率差異は6.9%であると思われる。

なので蛇の罠を2枚いれるより蛇の罠を1枚、凍結の罠を1枚の方が優秀であると考えられる。こんな感じです。これはただの予測なんですが、使うときに条件があるカードは2枚の差が大きいのではないでしょうか。例えばボードにミニオンがいないと弱い無貌の変性者、同時に使用ができない2枚目の秘策などです。
考え方の参考にしてみてね!

スタンダード環境考察 ちゃられぽーと そのよん

前回までは毎週カードプールが変わって環境が変わったので、環境の変化や新カードの評価を書いていましたが、今回からはデッキ紹介の部分をメインにしようと思います。

・全体の環境
レジェ~ランク20までのデッキタイプ使用率トップは、ここ1週間ずっとガラクロンドローグです。あまり増減もせずに安定していますね。
猛追しているのが2位のドラゴンハンターです。ランクによってはガラクロンドローグより多かったりします。使用率上位デッキではガラクロンドウォリアー・クエスドルイドも増加傾向ですね。
でっか化ドルイド・メカパラ・ハイランダーメイジ・ハイランダーハンター・フェイスハンターなどは数を減らしています。
勝率でいうとランク4まではドラゴンハンターが最強です。今のままだったらランク4までは何も考えずにひたすらドラゴンハンターを使ってください。4より上のランクは細かくメタが変動しますが、レジェ帯のここ3日間で勝率が一番高いのはやっぱりドラゴンハンターです。

・ヒーロー別デッキ紹介(今回からはこのコーナーがメインです!)

 

ドルイド

トークドルイドにもクエスドルイドでおなじみの鳳翼天翔が採用されはじめました。

f:id:alucard1018:20200223213444p:plain

ドロー勝率もなかなか優秀なのでこれからの定番になりそうです。

一方クエスドルイドでは プルーフのスーパー肥料+ハチだああああああ!のコンボやハガネ͡͡コガネの採用が始まりました。こちらはサンプルがまだ少なすぎて評価は保留します。

参考デッキ
トークンドル
https://hsreplay.net/decks/ip00HzMhseYwMb0IWRGcXc/
エド
https://hsreplay.net/decks/uo7Ef893GPQhMAOj2e7fRg/


・ハンター
ハンターの主役であるドラゴンハンターはgloryさんが開発したぽっちゃりドラゴン蛇凍結入りがもっとも定番であり最高の成績です。いじる必要性を感じません。
エストハンターも定番の構成が安定しています。
ハイランダーハンターはかなり構築が細分化していて難しいです。フェーズストーカーはおそらく必須ですが、シークレットは蛇か凍結か悩ましいところです。最近採用されているカードでは傷を負ったトルヴィア・脱走したマナセイバー・飢える陰獣フェルウイングは確定枠で良さそうです。ブームピストル無頼・躱し身のフェイウイングを採用するかどうかはローグの割合にかなり左右されます。それとハイランダーエストハンターは双方の劣化デッキです。それでもハンターのカードが強いので他のヒーローのメインデッキより強かったりしますが、あえて使う理由はないです。


参考デッキ
ドラゴンハンター
https://hsreplay.net/decks/bJ0sisGPrwzq6CU7Z6BwCf/

エストハンター

https://hsreplay.net/decks/2V5JeDrFzsCVeoCQ3mIpkb/

ハイランダーハンター
https://hsreplay.net/decks/mKiJBQQA11YP546WmNmgyc/#selectedClasses=ALL

 

・メイジ
ハイランダーメイジしか使えるメイジのデッキはありません。アメージングレノ・脱走したマナセイバーは仕事をしています。


参考デッキ
ハイランダーメイジ

https://hsreplay.net/decks/qQ8vpUyd33cQYQMYTX77fg/


パラディン
メカパラのホーガンロボはやはり強力でした。メカパラの構築は29枚までもう固定でよいでしょう。ラスト1枚には王の祝福が選ばれていることが多いですがオクトサリも有力です。

参考デッキ
メカパラ
https://hsreplay.net/decks/YStWHr7uNexidwLdmutS5e/

・プリースト
復活プリにちょっとした変化がありました。サンドフーフの水売りを1枚に減らし、墓のルーンを2枚にする構築です。これはかなり良い変更にみえます。
参考デッキ

復活プリースト
https://hsreplay.net/decks/0HrbtpfcyI82XqhiGHoFg/

 

・ローグ

ラクロンドローグの構築はかなり難しいのですが、確実にいえることはクエストタイプは弱いです。飛掠船員はマリガン時には強力ですが、通常ドローではとても弱いです。ハンターに強い影隠れや変性者・チョッキンガー・ジリアックスなど、過去の入れ替え候補の価値が高まっているのも構築を複雑にさせます。むしろ昏倒や腹裂きの方が1枚でよい可能性があります。またローグはフェアリードラゴンの処理が苦手なためsi7諜報員を復帰させるのも1つの手段です

参考デッキ
ラクロンドローグ

https://hsreplay.net/decks/LaRGtfP2IZLOnKIXZIC81b/

 

・シャーマン

シャーマンに対してコメントを探すことは難しいです。マロシャーをはっておくので懐かしい気持ちになってください

参考デッキ
マーロックシャーマン
https://hsreplay.net/decks/IWVgKIK1aNKnwj00T4Az1c/

ウォーロック
実は最近ガラクロンドズーの対ガラクロンドローグ勝率が有利になりました。これはガラクロンドロックの方が多くてそっちに合わせてマリガンをしているせいでしょう。今ならちょっとした居場所があるかもしれません。
参考デッキ
ラクロンドズー
https://hsreplay.net/decks/ef9RyLe3sdRY4yB4Qucqy/

・ウォリアー
デッキ構築の話題で一番活発に議論されているのはガラクロンドウォリアーです。
主に狂瀾怒濤に関してですね。結論から言いますが弱いから抜きましょう。たまに2マナでいっぱいカードが引けるという成功体験とひきかえに彼はあなたから☆を奪っていきます。飢える陰獣フェルウイングを採用するとリロイよりコルクロンの方が良いのでしょうか?多くはコルクロン型ですがまだ判断は難しいです。イカリ型はあまりよくないですね。あと扇動する船頭を採用するとエタニウムローバーや寺院の狂戦士が抜かれるケースが多いです。こちらもサンプルが少ないので判断は保留しますが共存は可能に見えます。鎧職人と扇動は強力なシナジーがあるので間違っても狂瀾怒濤を優先して抜くような愚行なやめましょう。


参考デッキ

https://hsreplay.net/decks/txhi48hnzGbutQvJbFHujg/

 


・メタブレイカー!
やっぱり先週に引き続きドラゴンハンターなんですが、高ランク帯ではガラクロンドローグが増えるためハイランダーハンターやクエストハンターの出番があるかもしれません(要するにハンター環境です!)

 

ハースストーンデータ小ネタ集

 今回の記事はハースストーンのデータを見てて私が思ったことの中で1つの記事にするほどではないものを集めて記事にしました

1.ランク帯によるデッキ使用率の違い

2.デッキ使用難易度

3.フェーズストーカーの評価

  

1.ランク帯によるデッキ使用率の違い

ヒマつぶしにいろんなランクのデッキ使用率を見てたんですね。そしたらびっくりするくらいランクによる差が大きい。レジェで一番使われているのはガラクロンドローグです。ランク20でもそれは変わらないんですが、19.23%→7.22%と半分以下に落ちます。

同じくレジェ帯3位のドラゴンハンターは9.33%→1.32%と一気に使用率が下位にまで落ちてしまいます。

レジェ帯4位のハイランダーハンターは8.66→0.48%とほとんど使われない状態に・・・・
逆に増えるデッキもあります。フェイスハンターは2.44%→4.32% トークンドルは1.37%→2.48%と推移します。
アヤラいわくデッキの使用率は高いランクから低いランクにトリクルダウンするらしいのですが、その速度はかなりゆるやかですね。

2.デッキ使用難易度

私が前から何回かやっているデッキ使用難易度チェックです!

f:id:alucard1018:20200217192710j:plain

やり方はHSReplay→メタ→マッチアップのカスタムウェイトでランク16~20のデッキ分布をレジェ帯のマッチアップ勝率にあてはめて実際のランク16~20勝率と較べたものです。下位は煽りに使われても嫌なので上位だけ貼りました。コンボプリが1位ですね。
コンボプリは構築や環境が変わってもずっと上位なので根本的に難しいデッキなのでしょう。

 

3.フェーズストーカーの評価
ハンターのミニオンでフェースストーカーというミニオンがいます。こいつは223でヒロパをするとデッキ内の秘策をセットするというもの。強いのですが秘策を引いちゃうと困るので秘策自体のドロー勝率が低くなります。こいつの評価をしてみようというもの
左からマリガン勝率・マリガンキープ率・ドロー勝率です。今回はドロー勝率について考えます。

 

f:id:alucard1018:20200217194832p:plain

簡単に4枚の平均ですね!(56×2+50.4×2)÷4=53.2
というわけでドロー勝率でいうと53.2%のカードよりは優先して良さそうです。でも注意するところがもう一つあります。実際はフェーズストーカーがヒロパで罠をセットするので蛇の罠はフェーズストーカーよりドローしません。ただその割合がわからないですね。53.2%より上になるであろうというのが今の結論です。

ちなみに別の罠との組み合わせ

f:id:alucard1018:20200217195353j:plain

これだと56.275%です。一見こっちの組み合わせの方が良さそうですが、デッキ自体の勝率が違うのでそれはわかりません。あくまで同一デッキ内の他のカードとの比較に使用してください。


今回は以上です!